茶道雑誌3月号



「環の中の花桃、菜の花、お雛様」

茶道雑誌の表紙絵に水の環の中に描く

シリーズとして流し雛を描きました。

立ち雛も座り雛も好きですが、

流し雛は下鴨神社に観に行った

うららかな日のことを思い出しつつ、

お雛様の着物などアレンジして描きました。

今年の茶道雑誌は月によって 節句を取り入れながら描いていくつもりです☺︎



『茶道雑誌』3月号表紙絵/菅かおる(かんかおる/日本画家) 「環の中の花桃、菜の花、お雛様」

:お雛様を描くいちばんの楽しみは、

着物の柄と色の組み合わせを考えること。

少しおすましして嬉しそうなお雛様が描けました。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要