夜の植物園


京都府立植物園が場所限定ですが、夜間無料開館されています。

琳派400年記念の関係でアーティストがライトアップしたり催しものをしたりしているようです。

夜の植物園に人がぞろぞろと入っていくので、ちらりと寄ってきました。

京都国立博物館でも先日から琳派展が始まっているのですが、既に長蛇の列だとか。

宗達の風神雷神はもちろん、裏面に描かれたと言われている酒井抱一の夏秋草図屏風も出品されるとのことで観に行かざるを得ないと思っています。

学生の頃だったか、この夏秋草図屏風を観て裏と表の固定観念の無さ、自由さに感動して、日本画の面白さを知ると同時にワクワクしたのを覚えています。

開館前はもう並んでいるという情報を得たので、長蛇の列を避けるために平日の閉館前に行くよう計画中。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要