羅針盤


今日もスタジオで制作です。

100号の大作を仕上げるべく奮闘中。

写真に写ったものはモデルの貝殻達です。ヒトデもいます。

彼らの曲線や模様を写生して小下図を作ります。

この写真では全然わからないけど。

下図を作っていると勢いがなくなってしまうのが嫌なので、

あんまりきっちりとは作らないタイプなんですが、

大きい絵の時は小下図を描いてから構想を決めて大下図をつくり、本番にとりかかります。

下図はちょっと面倒くさいけど、大きな画面を前にひるまない為の

設計図、あるいは羅針盤みたいなものです。

たいがい、仕上がった時には違う絵になっているのですが。

大海に出て全然違う島に辿り着く人。

でもそこが本当の楽園(パラダイス)。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要