OPAM行きました


今年2015年にオープンした、大分県立美術館(OPAM)に行ってきました。

建物は坂茂さんの建築で、建築だけでも見に行く価値ありです。

企画展は「神々の黄昏」と所蔵品展後期でした。

土着の仏像と現代アートが「祈り」ということを結び目にして

展示されていてとても面白かったです。

所蔵品展後期では尊敬する大分の日本画家、福田平八郎作品が沢山。

この美術館には

洋画家であった祖父の菅一郎の作品も数点、収蔵されています。

去年は大分県佐伯市の

ケーブルテレビ番組にも紹介していただきました。

ナビゲーターの方のノリが面白いです。

画家「菅一郎」故郷を描く↓

私が生まれた頃には祖父は亡くなっていたので、残っている絵やスケッチ、画帖、

まわりの人の話す逸話から祖父像を作りました。

私が日本画家としては、菅かおるの名前のままで活動しているのも

祖父との繋がりを意識したいということがあります。

もっと多くの人に知ってもらえたらと常々思っているのですが

多くの力作は、方々に散らばっていて…。

いつか絵を尋ねる旅をしてみたい。

美術館で展示される時には、必ず行こうと思っています。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要