椿


「流れ星と椿」

2016.1.14

水辺に咲く、乙女椿を描きました。

この椿は花びらが多くてほんとうにかわいいピンク色の椿です。

ピンク色は魅力的な色で

むかし父親が、ピンク色は人を惹きつけ、

身にまとう人を女性らしく魅力的に見せる

いい色なんだと語っていた記憶があります。

たぶん少女の頃はショートカットにズボンばっかりで

服装に気を使わない私を心配する気持ちもあって

ピンク色の素晴らしさを語っていたのかも。

女の子らしくしたらしたで心配し、

ガサツになると心配し、親って大変だなと思います。

まあそんな言葉もあって、ピンク色は私は大好きで

絵には頻繁に使います。

乙女椿は名前からも、色からも

まさに女性的で柔らかく

描いていると幸せです。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要