遊泳


「遊泳」変形サイズ

お正月も5日ですが

今日もスタジオで、絵を描いていました。

夏の青空が水に映り、金魚が

空の中を泳いでいるような絵です。

冬だけど、夏の絵。

冬だけど、夏の絵、といえば、すぐ思い出すのが

アンリ・ルソー。

ルソーは南国に行ったことがないけれど

パリの植物園に通ってスケッチをして、熱帯のすばらしい絵を描きました。

真冬のパリのアトリエでは制作に熱中するあまり

本当に暑くなって上着を脱いで窓を開け放して描いていた、という逸話を

聞いたことがあります。

ほんとうかどうかわからないけど、

絵を描いている時は描いている対象の気持ちになるというのが

とても大事なことなので、ありうる話だなと思うし、

面白くて画家の逸話の中で、大好きな話です。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要