膠の新鮮度


膠(ニカワ)

ニカワはなるべく毎日作り替えるようにしています。

日本画にとって一番大事なニカワくん。

冷蔵庫でゼリー状に冷やしておけば4、5日以上もつのですが

この色の違いを見てもわかるように

新鮮さが違います。

右が本日のもの、左が1日前のもの。

日本画は、粉末状の絵の具とニカワを混ぜて練って

画面につけるわけですが

新鮮なものほど粘着力が強いです。

ニカワは数種類使っていますが

調合は秘密のレシピ。

保存料が入っていないニカワを使う時は特に、

溶いたらあまり長く保存せずに

新鮮なものを使うことをお勧めします。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要