博多祇園山笠


博多祇園山笠の飾り山を見てきました。

まだ一箇所だけしか行けていませんが、

(13箇所出ています)

ここは天神ソラリアプラザの中の吹き抜けにある飾り山です。

走って担いで、男たちが競争する山笠の

曳き山ではなく、

巨大な動かない飾り山。(一基だけ走る飾り山があるけど)

オモテ面と見送り(裏面とは呼ばず見送りと言う)と

博多人形師の技術と趣向を凝らして作られています。

オモテは「川中島の決戦」で

見送りは「山崎の決戦」です。

「山崎の合戦」

京都の大山崎山荘美術館へ行った時に

「秀吉の道」と立て看板があり、

ここで戦があったんだなぁと思いました。

この飾り山でも

下の方には明智光秀、

上の方には秀吉が座っています。

博多人形の絵付けには

日本画絵の具が使われているし

高校生の頃に博多人形師の工房を

見学させて頂いたこともあり、

博多人形師になることを

こっそり夢みたことも、実はありました。

この巨大な飾り山を目の前にすると

いつも、夏は実家の福岡に居てよかったと思います。

他の山も早く見に行きたいです。


※画像の無断転載禁止。© Kaoru Kan  Please do not reprint without my permission.         ※お使いのブラウザによって表示されない場合がございます。