京都のアトリエで。

白い服を貰って

着るようになってから特に

白が気になるようになりました。

今日も白いシャツを一枚買って

白の魅力にはまりそうです。

自分からは絶対買わなかったんだけど。

絵を描くときは

和紙を貼る前に、まずはパネルを白く塗り

和紙を貼り、また丁寧に作った

胡粉で和紙を白く塗ります。

色の発色を良くする為の

一連の作業ですが、

儀式にも似て、

これをしないと始まりません。

そうして出来た、まっ白い画面を見たときの

これからどんな絵が出来るかという高揚感、

早く描き進めたいと思う焦燥感、

最初の一筆を入れる時に

圧迫してくる白の緊迫感を

うまく乗りこなして

良い絵が描きたい。

そのような制作活動が行われる前の、

あるいはすべてが終わった後の

素の状態の白い私が写っていて、

この写真はお気に入りです。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要