わたしの一冊


風が通るようになり、だいぶ涼しくなりました京都。

午後の制作が終わってから

寺町へ。

目的は違う場所なれど、

三月書房にふらりと立ち寄り、

本の断捨離には苦労しているので

買うつもりは一切なかったんだけど

この一冊を買いました。

棚の並べが独特の本屋さんで

新書ばかりなのに

古本屋さんのようなたたずまい。

全て店主が把握しているであろうと

思わせる本の並びで

棚を見ていると、一冊の本が

隣の本の面白さを呼んで

これは、と思う一冊を

自然に導き出してくれる感じです。

本屋さんの在り方として

とても素敵だなと思いました。


※画像の無断転載禁止。© Kaoru Kan  Please do not reprint without my permission.         ※お使いのブラウザによって表示されない場合がございます。