さよならナンキンハゼ


先日、夏に悩まされた木

ナンキンハゼを伐採。

様々な思い出はあれど、

腐海の樹のように虫がついていたので

思い切って。

いつも一人で来てくれる庭師さん、

さすがに今回は

誰かを連れてくるのかと思いきや

4、5メートル程の木を抱きかかえながら

電ノコを使い、ものの数分で切り終えました。

ナンキンハゼよさようなら。

これからは切り株の椅子として

役立ってもらおうと思います。

そして手前には、植えた記憶のない木が育っています。

どこからか飛んできたのか、

アトリエの入り口横に良い感じで育っていたので

なんだろうこれ、と思いながら

一年がたちどんどん伸びてきました。

庭師さんによると、モチノキだとか。

モチノキをネットで調べてみると、

放っておくと十数メートルになるとか…。

どうしたものか。

縁起が良いものではあるみたいなので

当分剪定しながら

育ててみようかと思います。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要