福岡アジア美術館


福岡アジア美術館に行ってきました。

母が10年以上、アジア美術館の

案内解説ボランティアをしているので

福岡に居る時はよく行きます。

この絵はいま常設展に展示されている

チャン・ルォン(ベトナム)の

「水の中」という絵。

水棲動物を素材とした抽象画で

作者が戦争中に疎開していた

田舎での生活に基づいた作品だそう。

疎開先の田園や小川に棲息する小さな生き物に、

生命の不思議さと優しさ、尊さを感じとったと、

解説を読む前に、いい絵だなと惹かれました。

アジア美術館は

アジアの国々の社会的背景が

作品と必ず関係しているものばかり収蔵されています。

作品を見ながら、その国の歴史を垣間見て

悲しい歴史を知ったり、興味がでたり

親近感を覚えたりできる

独特で良い美術館です。

この作品も色や形が可愛らしくて足を止め、

ベトナム戦争という歴史を

背景にみると

さらに感じ入るものがありました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要