福岡アジア美術館


福岡アジア美術館に行ってきました。

母が10年以上、アジア美術館の

案内解説ボランティアをしているので

福岡に居る時はよく行きます。

この絵はいま常設展に展示されている

チャン・ルォン(ベトナム)の

「水の中」という絵。

水棲動物を素材とした抽象画で

作者が戦争中に疎開していた

田舎での生活に基づいた作品だそう。

疎開先の田園や小川に棲息する小さな生き物に、

生命の不思議さと優しさ、尊さを感じとったと、

解説を読む前に、いい絵だなと惹かれました。

アジア美術館は

アジアの国々の社会的背景が

作品と必ず関係しているものばかり収蔵されています。

作品を見ながら、その国の歴史を垣間見て

悲しい歴史を知ったり、興味がでたり

親近感を覚えたりできる

独特で良い美術館です。

この作品も色や形が可愛らしくて足を止め、

ベトナム戦争という歴史を

背景にみると

さらに感じ入るものがありました。


※画像の無断転載禁止。© Kaoru Kan  Please do not reprint without my permission.         ※お使いのブラウザによって表示されない場合がございます。