小鹿田焼


大分県日田市にある 小鹿田焼(おんたやき)の里へ行ってきました。

一子相伝の小鹿田焼。

10軒の窯元が家族のみの作陶で

伝統技法を守り続けています。

ろくろが2つ置いてあり

父と息子が座って作り、

祖父は孫に譲ると70代でも裏方に回るそうです。

70代、普通の陶芸家であれば一番脂がのっている年代ですが、

いくつかの決まりとともに伝統として守られているそうです。

他には、機械を使わない、絵を描かない、窯元の名を入れないなどの

決まりがあります。

民藝として徹底されたストーリーがありますね。

里についた時から、

水力を利用した唐臼の音が

のどかに響き渡っていました。

土を粉砕しています。

乾燥中のお皿たち。

この日は良い天気でお皿も気持ちよさそう。

それから登り窯。

私は小鹿田焼きの中でも

飛びかんなの技法が好きなので

今回はそればかり買いました。

家に持ち帰るとますます良い。

使うほど愛着がわきそうです。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要