ピーターラビット


福岡県立美術館で開催中のピーターラビット展へ。

思っていたより小さい原画にとても驚きました。

原画は手のひらサイズのものばかりです。

この写真のピーターは

原画では親指くらいの大きさでしか描かれていないと思います。

正確にはわからないけど

25倍〜30倍くらいに拡大してあるんじゃないかな。

絵本といえば原画は大きめに描いて

小さく縮小印刷するものだと思っていました。

それが小さい約10cm四方程の画用紙に描かれていて、

(ハガキより小さい)なおかつ線に密度があるということに驚きです。

小さい画面の中でピーターラビットや

その他、猫やカエルやブタやキツネなど

動物たちが飛び跳ねるように

走り回っているのがとても可愛らしくて感動しました。

こんなに可愛いのに

ピーターラビットのお父さんは

ミートパイ(マクレガーさんにつかまって)という

迫力ある黒い設定に

作者の骨太さを感じます。

美術館のある須崎公園の木々には

巣箱がたくさん設置されていて

良いお天気でした。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要