猪熊さんが愛した町、佐伯


大分県佐伯市で行われている

「猪熊弦一郎が愛した町」という展覧会を観にいきました。

洋画家であった亡き祖父(菅一郎)が

猪熊さんと親交があった大分の画家として

作品を出品させて頂いていますので

今回はお墓まいりも兼ねて

オープニングに参加しようと足を運びました。

猪熊さんの奥様が佐伯のお生まれということで

佐伯と縁が深いそう。

展覧会場も生家である片岡邸、

日本家屋で開催されています。

外観をぱちり。

猪熊さんといえば、奥様を描いた絵、

三越の包装紙、猫さんの絵などが有名ですが、

佐伯では珍しく風景画を多く残しているようです。

佐伯の風景が描かれた

佐伯の方々の所蔵の、超レアな

ここでしか見られないとても伸びやかな作品を

見ることができました。

祖父の絵は牡丹を描いた掛け軸が出ています。

私が生まれた頃には祖父はもういなかったので

祖父の絵を見るといつも、芸術について色々

話をしたり相談したりしてみたかったと思うのですが

絵を見ることで疎通する、この少し距離が置かれた関係性も

良いものかもしれないと最近は思います。


※画像の無断転載禁止。© Kaoru Kan  Please do not reprint without my permission.         ※お使いのブラウザによって表示されない場合がございます。