抽象彫刻


アジア美術館へ初詣行ってきました。

福岡市美術館がリニューアルの為に休館していて

多くの作品がアジア美術館へ移動しています、

アニッシュ・カプーアもその一つで

いつもレンガ色の壁と床の上で

イギリス現代美術という流れで見ていた

カプーア作品が、今日は違って見えました。

これは分かりにくいけど、カプーアのドローイングに反射した私と展覧会名。

「アニッシュ・カプーアとインドのカタチ」

アジア美術館所蔵のインド作家作品や

作者不詳のタントラ画が

同じ空間に並べられていて

カプーアのインドとの精神的な関わりを感じられて、

新しい発見ができる展示になっていました。

カプーア作品を紐解いていくように観ることもできたし

西洋的な抽象とは違う、インドの精神性、

宗教性から造られた抽象について観る面白さがありました。

抽象彫刻や抽象的なカタチという

ある面で矛盾している言葉について

考えてしまいました。

さて、

今日は七日。

七草粥を作って1日を終えました。

大地の味がして美味しい。

お粥だからっていっぱい食べすぎたこと

後悔してません。


※画像の無断転載禁止。© Kaoru Kan  Please do not reprint without my permission.         ※お使いのブラウザによって表示されない場合がございます。