星の夜


「星の夜」2008年制作

昨日は流星が各地でたくさん見られたとニュースがありました。

この絵も2008年、ついこの間のようですがそれなりに昔の絵。

偶然できた絵の具の流れを必然にするべく

夜空を創っています。

絵というものは、どんなに同じ様に描こうとしても

二度と同じものができない

たった一度きりの流れ星のように

偶然できた絵の具流れや

画面の表情を見逃さずに

創っていかなければと

この絵を描いた時は技法を楽しむことに夢中でしたが

改めて昔の自分の絵を見直していると

色々と発見したり、新しく描きたい絵の

アイデアも湧いてきます。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

雲龍