洗い


下地作りの1日。

この写真は画面を洗う作業を終えたところ。

洗うとは文字通り

画面を水で洗って絵の具を落とす作業で、

物理的にはマイナスの作業。

今回は黒い絵の具を何度も塗っていたので

洗い落とした水は真っ黒。

私の最近のAQUAシリーズ

部分的に画面を洗うことが

欠かせない表現手法の一つになっています。

何層も色を塗って

洗ったあとに残った絵の具が

和紙の表情と絡まって偶然性のある

豊かな画面をつくってくれる

マイナスの作業でプラスを作り出すというかんじ。

ところで

今日も雨続き…。

お庭もお花見もおあずけ。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要