ピカピカのおじさん


所用あり大分へ。

大分県は別府駅のピカピカのおじさんです。

油屋熊八という別府観光の父といわれる別名ピカピカのおじさん

なんだか変な銅像が、と思っていたけど

一度見たら忘れられないし、

何度も見ると愛着が湧いてきて

こういうのもいいかもしれない。

別府から数駅の母方の実家、日出町へも足を伸ばし、

別府湾を眺めながらランチできる

kamenosにも行ってきました。

大分には実は

竹細工や陶芸などの作家を中心に

多くの作家が住んでいて、

広く静かな場所で、黙々と

作品を作っているようです。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要