時計草と未来


今日は1日暑い日。

汗ばみながら 絵を一枚仕上げて

ほっと一息。

気づいたらもう

5つほど咲いていた時計草。

放置気味にしていたのがよかったのか

うちの土にあっているのか

元気よく咲いています。

先日行った太宰府天満宮の宝物殿で

開催されていた

ライアン・ガンダー展で

売られていたARATAちゃん

白色が象徴する清浄無垢な状態に戻って

もう一度自分にとって本当に大切なもの、

未来に伝えていくべき何かを考える、

というのがコンセプトだそうです。

ビジュアル的に

私に似ていませんか…

他人とは思えないARATAちゃん。

未来に向かって身の回りのものを白くぬりつぶすARATAちゃん。

アトリエの新しいお守りになりました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要