好きな筆


お気に入りの筆はだいたい決まっている

同じ即妙筆でも

当たり外れがあって

使ってみないと わからない。

使っているうちに 馴染む場合もある

馴染んだ頃にはまた磨耗して 

買い換える時期がくる

筆は画材で一番大事な消耗品。

日本画の絵の具や使う道具は

良いものを揃えておけば

自分の力を最大限に発揮できる

一概に、良いもの=高いもの ではないけれど

良いものを使ってその良さを知れば

後戻りはできない

だから日本画はわりと

お金がかかると言われる

でもお金がかかるといっても

納得の結果がついてくるから

高いとは思わない

良い筆は 良い波に乗った時、

自分の手以上にすらすらと

まるで魔法のように

思う形を描いてくれるから。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要