神々しい海


高崎山が見える

母の故郷 大分県日出町へ行ってきました。

4日間滞在して、本当に極寒の日から

九州らしいぽかぽかな冬を感じ

別府湾が一刻一刻と見せる

神々しい美しさに

感動していました。

小さい頃から時々行っていたけれど

今回は連続して泊まったからか

改めてこの町の美しさを認識したのでありました。

息を飲む美しさってこのことかと思ったり。

時々、何かが降りてきているような

静かだけど

強い存在感のある海

波の音も聞こえないくらい

とても穏やか

ぽかぽかの日は海が青くて

喜んでいるように見える。

海の風景の資料をたくさん集めて

美味しい海の幸もたくさん食べました。

夜は別府の灯りがきらきら

全然寂しくない海。

いずれ長期滞在して

この町で制作したい。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏子の酒

春の光