東山魁夷展


先日は30年ぶりの東山魁夷大回顧展へ。

素晴らしい展覧会でした。

本当の「あお」に出会うというキャッチフレーズ、だけど

東山魁夷の雪景色の白の美しさを再発見した展覧会。

白と一言ではいえない、

暖かく美しい色が何色も重ねられて描かれた

雪の風景。

実感のある草木の枝にこんもりと積もる雪。

霧たつ森の風景は

まるで自分がその空気に触れているよう。

九州生まれの私にとって

行ったことのない北の風景が

懐かしく眩しくそして暖かく感じられた。

唐招提寺の襖絵は現地で見たことがあるが

美術館で再現されていると

さらに間近で見ることができたように思う。

10月8日までの展覧会です。


※画像の無断転載禁止。© Kaoru Kan  Please do not reprint without my permission.         ※お使いのブラウザによって表示されない場合がございます。