雛とお多福


洋画家の祖父が描いたお雛様の掛け軸。

長く楽しみたいので2月始めにすぐ掛け替えました。

飾っているお人形は、昔、母がアジア美術館のイベントで

買ってきたモンゴルのフェルトのお人形。

今までお雛様の時期に飾ったことがなかったけど、

異国の王子さまとお姫様という感じで

出番をまっていたかのように似合っていませんか?

それにしても、

ここ数日は記憶がなくなるくらい

忙しかった。

そんな中でも、お茶の稽古だけはと行きました。

梅の季節がきていたことも忘れていたので

やっぱり行ってよかった。

そして同じ日、節分祭の

巨大お多福と写真を撮りました。

お多福好きです。

似てるからかな。

皆様にも福がたくさん来ますように。

明日から東京です。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要