10月茶道雑誌


茶道雑誌』10月号 表紙絵

「環の中の柿と雀」

「実りの季節は、雀たちがお互いを呼び合って楽しげに、

こっちに、あっちに大忙し。

むくむくと膨らみ始めるのもこの頃からで、

羽毛で寒さをしのぐため…と言われていますが、 私には満腹な幸せの形に見えるのです。」

10月も半ばとなり

今月は更新がおそくなってしまいました。

鳥を描くことはそんなに多くないのですが

雀は今までたまに描くことがありました。

身近で愛らしいふくらすずめが好きです。

今は京都のGallery PARCで個展「光と海」を開催中です。

茶道雑誌に描かせて頂いている季節の題材と

元は水をモチーフにしているというところで

私としては同じ意識ですが

観る人によっては、全然違って見えると思います。

とにかく手のかかり足のかかり、

描いていくことが

私に必要なこと。

皆様には、個展やこの表紙絵や様々な形で

楽しんで頂けますと幸いです。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要