時計草


『茶道雑誌』8月号表紙絵


「ガラス器の中の時計草」


私の庭には時計草が沢山咲きます。


今年は開く瞬間を見ようと


ガラス器に入れて絵を描きながら待ちました。


本当に一瞬のことですが、


開いた花の中には


前日に降った雨の雫がキラキラと入っていました。




8月になりました。

梅雨明けしたと思ったら、突然暑い毎日です。

体が気温の変化にまだ慣れていなくて

だるかったりしますね。


夏に少しでも涼しい絵をと思い

ボヘミアグラスと時計草をモチーフに描きました。


透明なガラスの器が好きです。

薩摩切子もレトロなガラスのコップも。


もう一点、黒背景でもガラス器の中の時計草を描きました。

こちらは先日の個展に展示しました。

10月の東武池袋の絵画市でも並ぶ予定です。



このガラス器の絵で

新しいシリーズがひとつ形になったかなと思います。


また続けて描きたいと思います。






0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Re:actionー想いはまた巡って」展

武蔵野美術大学 芸術文化学科と工芸工業 デザイン学科の学生さんが 協働し、企画・運営する展示 「Re:actionー想いはまた巡って」展  7月12日まで開催中です。 展覧会は予約制ですが 本日のオンラインイベントは申し込み不要でご参加いただけます。 ↓ 関連オンラインイベント 「ガラス×絵画のクロスディスカッション」に参加します。 7月5日[月]17:00-18:00 *参加費無料 事前申込不要