菅かおる展 Secret Place

2015年6月17日(水)~7月3日(金)

新生堂  地下、中地下会場  

菅かおるは、京都造形大学を卒業し、京都を拠点に制作活動を行っています。

今年1月には、京都府が主催して行われた「平成26年度 琳派400年記念新鋭選抜展」において優秀賞を受賞しました。

菅は日本画の技法を用い、水面に映る景色や水の中を漂う水草を描く等、「水」を一貫としたテーマをもって描いています。近年では水中世界が更に抽象的な表現へと変化してきました。泡や水の流れ、光の反射のような混沌とした世界が画面の中に広がっています。

今回の個展タイトルである「Secret Place」は“秘部”という意味があります。 生命の根源である「水」をテーマにしている菅だからこそ、ミクロにもマクロにも受け取れるリズミカルな作品は、universeを感じさせます。

是非この機会にお楽しみください。

 

 

 

今回は個展のタイトルを「secret place」秘密の場所 としました。私の作品は、美術の歴史や自然物の観察をし、日本画の技術を使って創り上げていくのですが、作品に描かれている線やフォルムは主に海の物を参照しています。豊かな曲線も、法則的な直線も、等しく有機的なひとつの世界に包み込まれています。つまり生命の起源から現在までの長い時間軸を絵画として存在させようとしています。

そうして、仕上げて行く中で最終的な拠り所とするものは、自分の中にあるメルヘンです。空想的ではあるが、私にとってこれは抽象的なものごとではなく、秘密の場所を写生しているという意識に近いと思います。この場所は確かに存在し、作品にすることで、ある普遍性をもった秘密として現実化するのだということです。

 

菅かおる

 

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/2