NEWS

菅かおる 茶道雑誌表紙絵原画展 ‐環の中の季節‐

2020年12月16日(水)~22日(火)

髙島屋大阪店 6階ギャラリーNEXT

銀河の会Ⅷ (第8回)千住博と新しい日本画

 

2020年11月4日(水)→10日(火)

あべのハルカス近鉄本店

タワー館11階美術画廊

秋の絵画市

 

池袋東武

2020年10月15日(木)~20日(火)終了しました

船橋東武

2020年10月29日(木)~11月4日(水)

宇都宮東武

2020年10月29日(木)~11月3日(火)

 その他のお知らせ

絵本「ぼくのつり」こどものとも5月号(福音館書店)が出版されました。

茶道雑誌(河原書店)表紙絵を担当中。

こどものとも8月号(年中向き福音館書店)折り込みに寄稿。

「こどものころに出会った本」というテーマで

「三びきのやぎのがらがらどん」について私の思い出を書いています。

「生きている理由」松岡圭祐 著

​講談社文庫 2017年10月13日発売カバー装画。

内容詳細(講談社BOOK倶楽部)

個展 solo exhibition   終了しました

菅かおる「宙(そら)の深海」​

2020年10月10日(土)、11日(日)、12日(月) の3日間

12:00  - 18:00

※ご予約はkazuletter@gmail.com までご連絡ください。

​※菅かおるの作品鑑賞に際しては、ご自身で梯子を登る必要があります。

詳細は https://www.sodakyoto.com/upcoming

 

会場:soda  〒604-8823   京都市中京区壬生松原町39-15 (上田荘1階ガレージ)

菅かおる(かん かおる)は、soda内に新設された、空中に浮かぶ不思議な小スペースでの初めての展示を 行います。菅は、この小空間に茶室の概念を引用し、作品と鑑賞者の対峙を促します。 空中に隔離された空間では、深海をテーマにした絵画作品が展示されます。そこでは、宇宙と深海の親和性 が示唆され、生命の根源とはという問いが投げかけられます。​

 

Kaoru Kan ‘Deep Sea in the Sky’

Kan will show her works in newly built mysterious small room floating in the air in soda.

Kan appropriates the concept of Japanese tea ceremony room (Cha-shitsu) to this small room and lets the viewers sit face to face to her painting. Kan’s paintings are suggesting the affinity between universe and deep sea, and asking where the origins of life come from.

※画像の無断転載禁止。© Kaoru Kan  Please do not reprint without my permission.         ※お使いのブラウザによって表示されない場合がございます。